• 水炊きやもつ鍋を個室で
  • 

    冬はお鍋

    Posted by checkthistrack.com | | 木曜日 13 3月 2014 6:29 AM

    夏に食べてこそ美味しい料理と言えば、代表的なものはカレーライスでしょうか。冬に食べてこそ美味しい料理となると、シチューや豚汁などいろいろあると思いますが、一番に「鍋」を挙げる人も多いのではないでしょうか。

    鍋にもいろいろな種類がありますが、代表的なものの中に、水炊きともつ鍋があります。
    どちらも、博多の名物料理として有名ですね。
    水炊きは特別にだしを必要とせず、水煮だけをして食べる鍋のことです。湯豆腐やしゃぶしゃぶなど、水煮だけでいただくものは広義には水炊きに含まれますが、多くの場合は博多煮とも呼ばれる鶏肉の水炊きのみを言います。
    薬味にはもみじおろしを使います。もみじおろしというのは、大根に穴を空けて中に唐辛子を詰め、すり下ろしたもので、綺麗な紅葉色をしています。

    もつ鍋は、牛や豚の臓物を煮て食べる鍋です。もつというのは、臓物のことで、小腸や大腸などを指します。肝臓や心臓を含めることもありますが、これらには「レバー」「ハツ」と別個に名前がついているので、通常もつと呼ばれることはありません。
    もつの別の呼び方がホルモンであることから、もつ鍋の他にホルモン鍋と呼ばれることもあります。

    これらの水炊きやもつ鍋をお家でみんなとつついて食べるのもいいですが、お店の個室で美味しい鍋を楽しむというのも乙なものです。
    個室となると2名以上から利用できるお店が多いですし、恋人や友達とゆっくり楽しむのもよし、会社の宴会などで利用するもよし、個室利用で楽しく美味しい空間を作れます。
    ウェブで検索すれば個室のあるお店はたくさん出てきますよ。

    関連リンク

    コメントはまだありません。

    この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

    現在、コメントフォームは閉鎖中です。